公益財団法人 地球環境センター

令和3年度水素製造・利活用第三国連携事業の公募について

2021年05月28日

※「2.公募要領/応募書類等」に掲載の公募要領を更新致しました。(令和3年6月2日)

※「3.公募説明会」の欄に公募説明会(6月4日開催)の資料を掲載致しました。(令和3年6月4日)

※「3.公募説明会」の欄に公募説明会(6月4日開催)の資料(環境省)を掲載致しました。(令和3年6月8日)

 

 環境省は、将来的な波及効果を見据え第三国と連携した再エネ由来水素の製造及び利活用を促進することにより、もって二国間クレジット制度を通じた我が国の温室効果ガス排出削減目標の達成に資することを目的とする「水素製造・利活用第三国連携事業」を実施します。

 公益財団法人地球環境センター(GEC)は、令和3年度二酸化炭素排出抑制対策事業費等補助金(水素製造・利活用第三国連携事業)の執行団体として、本事業の公募を以下のとおり実施しますので、お知らせいたします。

 

1.公募の概要

(1)補助対象事業: 水素製造・利活用第三国連携事業

(2)補助対象者: 国際コンソーシアム(日本法人と外国法人等により構成され、事業実施を効率的に推進する組織)の代表事業者である日本法人(民間企業、独立行政法人、社団法人、財団法人等)

(3)公募期間: 令和3年5月28日(金)から7月9日(金)正午まで

 

2.公募要領/応募書類等

【公募要領】

【応募関連】

※環境省が作成した地球温暖化対策事業効果算定ガイドブック<補助事業申請用>及びオリジナルの「補助事業申請者向けハード対策事業計算ファイル」は以下の環境省ホームページよりダウンロードできます。但し、同ホームページの「補助事業者向けハード対策事業計算ファイル」は国内事業向けのため、電力のCO2排出係数が固定値となっており、変更できません。本補助事業への応募にあたり、対象とする国・地域によっては、国内とは異なるCO2排出係数を使用してCO2削減効果を計算する必要がありますので、その場合は上記に掲載する電力のCO2排出係数の変更可能な計算ファイルを使用して計算し、応募書類に添付してください。

http://www.env.go.jp/earth/ondanka/biz_local/gbhojo.html

※電力の場合、計算に使用するCO2排出係数は、JCMを構築している17か国については、JCM設備補助事業で指定する国別の電力CO2排出係数資料より、適切な数値を選択して計算に使用してください。また電力以外のエネルギー種や上記17か国以外の電力については、応募者が調査した上でCO2排出係数を設定して計算を行い、その根拠を示してください。

【交付規程】

【参考資料等】

【公募に関するQ&A】

 

3.公募説明会

以下のとおり公募説明会を開催します。

主催

環境省、公益財団法人地球環境センター(GEC)

日時

令和3年6月4日(金)13:00~14:30(終了致しました)

会場

WEB会議システム「Zoom」にてご視聴ください。(後述の事前参加申込時にご登録いただいたメールアドレス宛にリンクを送付いたします。)

参加申込

終了致しました。多数のご参加誠にありがとうございました。

当日説明資料

1. 公募説明会資料(環境省)[PDF] 【6月8日追加掲載】

2. 水素製造・利活用第三国連携事業について[PDF] 【6月4日追加掲載】

3. 公募提案書作成の手引き[PDF] 【6月4日追加掲載】

 

4.事前相談

公益財団法人地球環境センターでは、応募に関する事前相談を個別に受け付けております。
・受付方法:電子メールにて<hydro@gec.jp>へ送信して下さい。
・電子メールの件名は、「水素事業の応募に関する相談(会社名)」として下さい。
※事前に「応募相談シート [Word] 」の作成をお願い致します。
※公募期間中は提案書作成についての具体的なアドバイスのご相談は受け付けておりませんが、事業提案のご相談や応募に関する一般的なご相談であれば公募期間中も受け付けております。

 

5.対象事業の概要

(1)事業概要: 補助対象者には、太陽光発電や風力発電等の再生可能エネルギーが豊富な第三国において、再エネ水素を製造し、島嶼国等への輸送・利活用を促進する実証事業を行っていただきます。

(2)事業の要件: 次に掲げる要件を全て満たす事業を対象とします。

①第三国が下記のア)に該当し、かつ、パートナー国が下記のイ)に該当すること。
 ア)太陽光発電や風力発電などの再エネが豊富な国(一次公募においては豪州に限定)
 イ)下記のa)もしくはb)のいずれかに該当する第三国以外の島嶼国等
  a)令和3年4月1日現在、JCMを構築している国
   ※その後、本事業の実施期間中に新たにJCMが構築された場合、それらの国も含めます。
  b) a)以外の国であって、JCMを構築する可能性がある国(パラオ以外の太平洋島嶼国、マレーシア、インド等)

②第三国において製造される水素が再エネ水素として下記に該当するものであること。
 ○水又はバイオマスから製造されるもの
 ○水素製造の際に必要となる電力が主として太陽光、風力、水力、地熱、太陽熱、バイオマスその他の再エネによる発電で賄われるもの

③再エネ水素の製造、輸送、利活用の一連の事業において、下記の要件を全て満たすものであること。
 ア)一連の事業におけるエネルギー起源CO2の排出削減量の総和が0以上であること。但し、本事業中(実証段階)ではなく、本事業後(事業化実現時)の試算とする。
 イ)主要な要素となる技術について、研究段階ではなく、実証されたものであること。
 ウ)下記のa)、b)、c)に該当する技術がすべて含まれること。
  a)第三国において再エネ水素を製造・貯蔵する技術
  b)再エネ水素を第三国からパートナー国へ輸送する技術
  c)パートナー国において再エネ水素を利活用し、エネルギー起源CO2の排出の削減に資する技術(※原則として、化石燃料を用いた火力発電に係る事業ではないこと。ただし、脱炭素移行を促進する設備、技術(水素の混焼等)を除く。)

(3)補助対象期間: 提案する事業実施期間については3年度以内(2023年度まで)とすることができますが、補助対象期間は単年度であるため、補助金の交付申請等は年度ごとに行っていただく必要があります。したがって、複数年度にまたがる事業を実施される場合には、応募時に年度毎の事業経費を明確に区分した実施計画書を提出していただくことが必要です。
 なお、次年度以降の補助事業は、政府において次年度に所要の予算措置が講じられた場合にのみ行うものであり、次年度の見込み額に比較して大幅な予算額の変更や予算内容の変更等が生じたときは、事業内容の変更等を求めることがあります。

(4)事業実施期間:毎年度、交付決定の日から翌年の2月末日までとします。

(5)予算額:約5億円(今年度分)

 

【本件窓口】

公益財団法人 地球環境センター
Email(共通): hydro@gec.jp

東京事務所 事業第二グループ(担当: 久保、山根、小島)
TEL:03-6801-8773

大阪本部 気候変動対策課 (担当: 南、児玉)
TEL :06-6915-4122

(現在一部テレワーク中ですので、できるだけメールアドレスにご連絡ください。お電話でご相談されたい場合には、メールにその旨とお電話番号を記載ください。こちらからお電話を差し上げます。)