公益財団法人 地球環境センター

環境・省エネビジネスのアジア展開支援

環境・エネルギー分野における地域中核企業の海外販路拡大支援事業

 GECは1992年にUNEP支援法人として設立されて以来、25年以上にわたって環境上適正な技術の普及促進に取り組んで来ました。その間に培った知識と経験や官民ネットワーク、途上国政府関係機関との良好な協力関係を活かし、2013年から環境とエネルギー分野における地域中核企業の海外展開支援の活動に取り組んでいます。
 同事業は、近畿経済産業局が公募する提案型競争的資金の獲得により、関西・アジア環境・省エネビジネス交流推進フォーラム(略称:Team E-Kansai、2018年3月末現在会員企業・団体数184社)を中心として、次のような事業を行うことで、地域の優れた環境・省エネ技術を保有する企業と、中国、ASEAN地域における官民の関係機関とのネットワークを強化し、優れた環境とエネルギー関連技術のビジネスベースでの途上国への普及を目指し、現地の環境課題の解決支援に取り組んでいます。

  • 中国遼寧省、広東省、ベトナム、タイ、インドネシアを重点活動地域として設定し、現地の政府や業界団体との協力の枠組みを構築して、より安心できるビジネス環境の形成を目指します。
  • 重点地域での環境・省エネ分野におけるワークショップや研修会の開催を通じて、相手国が直面している環境課題を把握し、ニーズを発掘します。
  • ミッションの派遣と受け入れ、展示会出展、セミナーや商談会開催を通じて、企業間のマッチングを支援します。
  • 重点地域には現地コーディネータを置き、現地情報の収集と提供や個別ビジネス展開を支援します。
  • 国内におけるセミナー、個別相談会、勉強会等の開催を通じて、日本企業の海外展開能力構築を支援します。