【開催案内】インドネシアにおける二国間クレジット制度(JCM)の実施に関するウェビナー(2020) ~コロナ時代におけるJCMの活用~

日本環境省及び公益財団法人地球環境センター(GEC)は、インドネシア経済担当調整大臣府及びインドネシアJCM事務局と共催で、2020年9月30日(水)に「インドネシアにおける二国間クレジット制度(JCM※1)の実施に関するウェビナー ~コロナ時代におけるJCMの活用~」を開催します。

日本環境省では、JCMの設備補助事業※2を活用し、優れた低炭素・脱炭素技術の途上国への普及を促進しています。本ウェビナーは、JCM設備補助事業について、主にインドネシア・日本両国の政府関係者及び民間企業を対象に、同事業の概要や成果を共有し、更なる案件形成やスケールアップを図ることを目的としています。

加えて、世界が新型コロナウイルスの影響を大きく受ける中、グリーンリカバリーにJCM設備補助事業を活用すれば、脱炭素社会実現への取り組みを加速できる可能性があります。本セミナーでは設備補助事業に関連したグリーンリカバリーなどの事例や、事業推進におけるコロナへの対策、更に関連する資金支援スキームなどを紹介し、新たな時代に対応する方策を探ります。

また、ウェビナー終了後には、インドネシアにおいて設備補助による低炭素・脱炭素技術導入を検討中の企業と、関連技術を提供できる企業とのビジネスマッチングの個別面談、さらに設備補助事業への個別相談を設定します。

 

1.ウェビナー概要

開催日:2020年9月30日(水) 午後3時~午後5時40分(日本時間)、午後1時~午後3時40分(インドネシア時間)

会場:WEB会議システム「Zoom」にてご視聴ください。(事前申込時にご登録いただいたメールアドレス宛にリンクを送付いたします。)

主催:日本環境省、インドネシア経済担当調整大臣府、インドネシアJCM事務局、公益財団法人地球環境センター(GEC)

後援:国際機関日本アセアンセンター

言語:英語

参加費:無料

プログラム:下記の2.プログラム」ご参照

 

2.プログラム

1. 開会挨拶:

– インドネシア経済担当調整大臣府  Fajar Wirawan Harijo

– 在インドネシア日本国大使館 経済公使 宮下 匡之

2. JCMの実施に関する情報共有:

Recent Development of The Joint Crediting Mechanism (JCM)
– 環境省地球環境局地球温暖化対策課市場メカニズム室 国際企画官 小圷 一久

Status of JCM Implementation in Indonesia
– インドネシア経済担当調整大臣府 Deputy Director Cahyadi Yudodahono

Financing Programme for JCM Model Projects
– 公益財団法人地球環境センター(GEC) 事業第二グループ 企画官 田辺 創一
– 公益財団法人地球環境センター(GEC) 事業第二グループ 主任 青山 ななこ

3. インドネシアにおけるJCMの実施等:

Promotion of Green Innovation to Realize Zero Carbon City by the Collaboration between DKI-Jakarta and Kawasaki City (City to City Collaboration 2020)
– 日本工営株式会社 多田 玉青

2MW Mini Hydro Power Plant Project in East Nusa Tenggara Province (2019) & 12MW Biomass Power Plant Project in Ache Province, Sumatera (2018)
– PT. Gistec Prima Energindo  Chairman  Widjaja Juliati
– PT. Aura Energi Primanusa President Director 山本 健一郎

Energy Saving by Introducing High Efficiency Autoclave to Infusion Manufacturing Factory (2018)
– PT. Otsuka Indonesia 副工場長 江本 安孝

Introduction of Gas Co-generation System and Absorption Chiller to Motor Parts Factory (2017)
– PT. DENSO INDONESIA Senior Assistant Manager Irvan Jpe

4.  JCM関連動向および資金支援:

Lessons learned from JCM project development activities in Asia and JCM potential in Indonesia
– 一般社団法人海外環境協力センター(OECC) 久世 濃子

Linkages between the JCM and SDGs
– 公益財団法人地球環境戦略研究機関(IGES) 津久井 あきび

Financing Sustainable Infrastructure in Indonesia
– PT. Indonesia Infrastructure Finance Managing Director & CIO Y. Bayu Wirawan

ADB’s Private Sector Operations in Indonesia
– アジア開発銀行(ADB) Unit Head for Indonesia / Principal Investment Specialist 宵 有一朗

The Japan Fund for the Joint Crediting Mechanism (JFJCM) for Private Sector
– アジア開発銀行(ADB) Environment and Climate Change Specialist 藤井 進太郎

5. まとめ:

– 環境省地球環境局地球温暖化対策課市場メカニズム室 国際企画官 小圷 一久

ビジネスマッチング及びインドネシアJCM事務局、GEC、ADBとの個別相談(上記プログラム終了後Zoomで実施)

○インドネシアにおいてJCM設備補助による低炭素・脱炭素技術導入を検討中の企業と、関連技術を提供できる企業とのビジネスマッチングの個別面談を設定します。
※事前に、企業同士のマッチングが可能となるオンライン・プラットフォーム「JCM Global Match」に登録し、相手企業とのマッチングを成立させた上で、JCM Global Match上で面談を予約していただく必要があります。

○インドネシアJCM事務局、公益財団法人地球環境センター(GEC)によるJCM設備補助事業、およびアジア開発銀行(ADB)によるJCM日本基金(JFJCM)ならびに民間セクター向け融資に関する個別相談の時間を設定します。

3.申込み

ウェビナー視聴登録・個別面談申し込み 個別面談は、申し込み多数の場合、ウェビナーとは別の日に設定させて頂く場合があります。

ビジネスマッチング/JCM Global Match登録

◆ウェビナーとビジネスマッチングはそれぞれ別々に登録が必要です。

◆申込みいただいた際に収集した個人情報は、本セミナーに関する事務連絡及びJCM関連情報の案内送付にのみ使用し、他の目的には一切使用しません。

 

 ※1 JCMとは、Joint Crediting Mechanismの略で、途上国と協力して温室効果ガスの削減に取り組み、
    削減の成果を両国で分け合う制度です。日本はこれまで17か国との間でJCMを開始するための
    二国間文書に署名しています。概要はこちらをご覧下さい。

 ※2 本事業は、優れた低炭素技術等を活用し、途上国におけるGHG排出量を削減する事業を実施し、
    測定・報告・検証(MRV)を行っていただく事業です。これにより算出された排出削減量を、
    JCMにより我が国の排出削減量として計上することを目的として、事業者(国際コンソーシアム)
    に対し初期投資費用の1/2を上限として設備補助を行います。

 

問い合わせ先

公益財団法人地球環境センター(GEC) 東京事務所

担当:田辺、稲田

TEL:03-6801-8773
メール:jcm-info @gec.jp