省エネ型織機導入プロジェクト

プロジェクト実施者
東レ株式会社
共同事業者:P.T. Indonesia Synthetic Textile Milles (ISTEM)、P.T. Easterntex 、





P.T. Century Textile Industry Tbk (CENTEX)、P.T. Toray Industries Indonesia (TIN)
パートナー国
インドネシア
採択年度
2014年
区 分
設備補助
分 野
省エネルギー
登録済み
クレジット発行中
稼働中

GHG排出削減プロジェクトの概要

インドネシアは、テキスタイル製品の主要な生産国であり、輸出額が東南アジアでは最も高い。それを支える織機の入替需要も大きい。 本プロジェクトでは、インドネシアの織物工場3箇所に最新の省エネ型織機(※)を計81台設置する。
※ (株)豊田自動織機のJAT810型
JAT810型は、織物の緯糸搬送に必要な圧縮エアの消費量を従来型織機との比較で20%削減可能な独自技術を有する。エア消費量の削減により、エアコンプレッサーの消費電力を抑えてCO2排出量を削減する。加えて、ランニングコストの低減にも繋がる。

想定GHG排出削減量

742 tCO2/年

= リファレンス CO2 排出量 [tCO2/年]
    − プロジェクトCO2 排出量 [tCO2/年]

リファレンス CO2 排出量: 3,058.5 [tCO2/]
プロジェクトCO2 排出量: 2,316.2 [tCO2/]

プロジェクトサイト

JCM方法論

Methodology No. Title Methodology Proponent
ID_AM011 Ver1.0 Installation of energy saving air jet loom at textile factory Toray Industries Inc.

進行状況

JCM Project Registration

Reference No. Project Title Registration Date
ID015 Reducing GHG emission at textile factories by upgrading to air-saving loom 24 Aug 18

Issuance of credits

Reference No. Monitoring Period Date of Issuance Amounts of Credits Issued
ID015 01 Jan 17 - 30 Sep 18 16 Jan 20 1,244