自動車部品工場のアルミ保持炉へのリジェネバーナー導入による省エネルギー化

プロジェクト実施者
株式会社豊通マシナリー
共同事業者:北陸テクノ株式会社、PT. TOYOTA TSUSHO INDONESIA(豊田通商)、
PT. YAMAHA MOTOR PARTS MANUFACTURING INDONESIA、PT. HOKURIKU TECHNO INDONESIA、
PT. MATAHARI WASISO TAMA
パートナー国
インドネシア
年 度
2014年
区 分
設備補助
分 野
省エネルギー

GHG排出削減プロジェクトの概要

アルミ溶湯保持炉の従来形バーナーを高性能リジェネバーナーに置き換えることで省エネルギーを実現し、燃料消費を抑えてGHG排出量を削減する。ヤマハ発動機の現地部品製造会社 YPMI がアルミホイールのダイカスト鋳造ラインに所有する11基のるつぼ型保持炉をリジェネ化する。

現地の炉製造会社 PT.MATAHARI WASISO TAMA は、北陸テクノ(株)の現地法人の技術支援のもとでリジェネ化を実施することで、リジェネバーナー保持炉の設計および製作のノウハウ、調整や保全の技術を得ることができる。この技術を日系企業のみならず、インドネシア現地企業含めて広く普及させる計画である。

想定GHG排出削減量

857t CO2/年

(リファレンスの保持燃費原単位-プロジェクトの保持燃費原単位)× 平均保持溶湯量×溶湯保持時間 ×天然ガスの発熱量 ×排出係数
天然ガス消費量のモニタリングでは、2個の流量計を直列に配置し比較検証することで、長期に渉り正確な値を得る。

プロジェクトサイト