繊維工場及び食品工場への高効率ボイラ、高効率ターボ冷凍機、太陽光発電システムの導入

代表事業者
関西電力株式会社
共同事業者:Kansai Energy Solutions (Thailand) Co., Ltd
パートナー国
タイ
採択年度
2021年
区 分
設備補助
分 野
省エネルギー再生可能エネルギー
未登録
設備導入中

GHG排出削減プロジェクトの概要

繊維工場2地点に、高効率ガスボイラ(蒸気発生量5t/h×2台)、モジュール型ターボ冷凍機(400RT×2台)をそれぞれ設置し、台数制御や部分負荷効率を考慮した最適制御によって、蒸気または冷水供給時の省エネルギーを図り、温室効果ガス(GHG)排出量を削減する。
食品工場の建屋屋根に、太陽光発電設備(合計約2.3MW)を設置・導入し、電力の全量を工場で自家消費することにより、GHG排出量を削減する。

想定GHG排出削減量

1,885 tCO2/年

=リファレンス CO2 排出量 [tCO2/年]-プロジェクトCO2 排出量 [tCO2/年]
ボイラ:(既設ボイラにて計算した燃料消費量×石炭CO2排出係数)-(新設ボイラにて計算した燃料消費量×天然ガスCO2排出係数)
冷凍機:(既設冷凍機COPにて計算した消費電力量-新設冷凍機COPにて計算した消費電力量)×系統電力のCO2排出係数
太陽光:(リファレンスCO2排出量-0)× CO2排出係数

プロジェクトサイト