鮮度保持機能付リーファーコンテナを活用した陸路から海路へのモーダルシフト

代表事業者
株式会社日本クラント
共同事業者:Vietnam National Shipping Lines
パートナー国
ベトナム
年 度
2018年
区 分
設備補助
分 野
交通
未登録
設備導入中

GHG排出削減プロジェクトの概要

鮮度保持機能付リーファーコンテナ「氷感SO庫」は、冷蔵したコンテナ内部に高電圧と低電流で静電場を形成することで食材等を長期間保存することが可能である。

 鮮度保持機能付リーファーコンテナの導入により、長期間の保存が必要な海路による食材等の輸送を可能にするとともに、陸運から海運へのモーダルシフトによりCO2削減を実現する。

想定GHG排出削減量

11,025tCO2/年
リファレンス排出量 – プロジェクト排出量
リファレンス排出量
= 陸運の燃料消費に伴う排出量
プロジェクト排出量
= 海運の燃料消費に伴う排出量
+ 陸運(物流拠点~港湾)の燃料消費に伴う排出量
+ コンテナの電力消費に伴う排出量
+ 港湾での積み下ろしに伴う排出量

プロジェクトサイト