カライ7小水力発電所における発電システム能力改善プロジェクト

代表事業者
富士・フォイトハイドロ株式会社
共同事業者:PT Global Karai Energi
パートナー国
インドネシア
年 度
2018年
区 分
設備補助
分 野
再生可能エネルギー
未登録
設備導入中

GHG排出削減プロジェクトの概要

本事業は、インドネシア共和国北スマトラ州において、既存の3.54MWの発電設備2基を有するカライ7水力発電所を対象に、水車に対してフォイトハイドロ社の最新設計技術を適用することで高い効率を実現し、また特殊鋼コーティングランナ採用による耐摩耗性の向上対策を行うとともに、既存発電機を撤去し、高効率・増出力の発電機に取替えを行うプロジェクトである。

既存設備の改修及び出力の増強を行うことにより、発電出力最大値は8.8%向上し、年間総売電量は5.7%の増加が期待できる。

想定GHG排出削減量

1,133 tCO2/年

=リファレンスCO2 排出量[tCO2/年]
  -プロジェクトCO2 排出量[tCO2/年]
=(改修後の売電量[MWh/年]
  -改修前の売電量[MWh/年])
       ×排出係数[tCO2/MWh]

プロジェクトサイト