食品工場へのバイオマスコージェネレーション設備の導入

代表事業者
富士食品工業株式会社
共同事業者:Thai Foods International Co., Ltd.
パートナー国
タイ
年 度
2017年
区 分
設備補助
分 野
再生可能エネルギー

GHG排出削減プロジェクトの概要

タイ国ナコンパトム県にあるThai Foods International Co., Ltd.の食品工場に、バイオマスコージェネレーション設備を導入し、増産に伴い需要が増加する工場プロセスへ蒸気及び電力を供給する。

もみ殻を用いたバイオマスコージェネレーション設備で発電した電力によりグリッド電力を代替し、CO2排出削減を行う。

想定GHG排出削減量

7,111tCO2/

=  リファレンス CO2 排出量[tCO2/年]

   -プロジェクトCO2 排出量[tCO2/年]

= (リファレンス消費電力量[MWh/年]

    - 0 [MWh/年])×排出係数[tCO2/MWh]

※蒸気については、バイオマスボイラーで発生した蒸気をリファレンスとするため、GHG排出削減の対象外とする。

プロジェクトサイト

Thai Foods International Co.,Ltd (バンコク都から北西に約60km)