新空港近郊における15MW太陽光発電システムの導入

代表事業者
シャープ株式会社
共同事業者:Tenuun Gerel Construction LLC
パートナー国
モンゴル
年 度
2017年
区 分
設備補助
分 野
再生可能エネルギー

GHG排出削減プロジェクトの概要

 モンゴル国の新空港近郊のフーシック・フンディにおいて15MW規模の太陽光発電所を建設する。

 同国の再生可能エネルギーの導入拡大、及び再生可能エネルギー技術の普及拡大を通じ、同国が掲げる2030年までに再生可能エネルギーを30%へ引き上げるとの政策目標へ貢献する。

想定GHG排出削減量

18,438 t-CO2/

=  リファレンス CO2 排出量[tCO2/年]

   -プロジェクトCO2 排出量[tCO2/年]

= (リファレンス消費電力量[MWh/年]

    - 0 [MWh/年])×排出係数[tCO2/MWh]

プロジェクトサイト