ビエンチャン市における14MW水上太陽光発電システムの導入

代表事業者
ティー・エス・ビー株式会社
共同事業者:TPG Vientiane Co., Ltd
パートナー国
ラオス
年 度
2017年
区 分
設備補助
分 野
再生可能エネルギー

GHG排出削減プロジェクトの概要

ビエンチャン市内の3つの未利用ため池を活用し、合計14MWの水上太陽光発電を導入する。 水上は陸上と比較して温度が低く、発電効率の向上が見込め、パネル間のばらつきを吸収する機能と合わせることで、全体の発電効率を向上する。また出力遮断機能により、水没などでの感電リスクにも対応。 既存グリッドへの電力供給を代替することによりCO2排出量を削減する。

想定GHG排出削減量

11,450 tCO2/

=   リファレンスCO2排出量 [tCO2/年]

  - プロジェクトCO2排出量 [tCO2/年]

= (リファレンス消費電力量 [MWh/年]

  -プロジェクト消費電力量 [MWh/年])

                 x 排出係数 [tCO2/MWh]

プロジェクトサイト