自動車部品工場へのガスコージェネレーションシステム及び吸収式冷凍機の導入

代表事業者
株式会社デンソー
共同事業者:PT DENSO INDONESIA(DNIA)
未登録
設備導入中

GHG排出削減プロジェクトの概要

インドネシア国の自動車部品工場において、ガスエンジン発電によるコージェネレーションシステム(ガスエンジン2,000KW級+温水吸収式冷凍機300RT)を導入することで、

(1)環境面での貢献(省エネ・CO2排出量削減の促進)

(2)社会面での貢献(分散型電源による安定供給)

(3)技術面での貢献(現地技術者の運転保全スキル習得)

(4)経済面での貢献(インドネシア国への投資促進)

を目指すものである。

1)環境面での貢献については、以下 ①~③に裏付けられ、総合エネルギー効率を高め、省エネ・CO2排出量削減に大きく寄与する。(右図参照)

   ①自家発電設備の工場内設置による送電ロスの抑制

   ②最高水準効率ガスエンジン発電設備の採用

   ③年間通じた工場全体空調の熱源としてコージェネレーション排熱有効利用

想定GHG排出削減量

4,629tCO2/

本プロジェクトによるCO2削減量 =    電気のCO2削減効果+     天然ガスのCO2削減効果

     電気のCO2削減効果

     = (リファレンス電気使用量 - プロジェクト電気使用量) ×系統排出係数

     = (コージェネでの有効発電量 + コージェネ排熱利用によるターボ冷凍機の電力削減量) ×系統排出係数

     天然ガスのCO2削減効果

     = (リファレンス 天然ガス使用量 - プロジェクト 天然ガス使用量) × 天然ガス排出係数

     = ( 0 - コージェネでの天然ガス使用量) × 天然ガス排出係数

プロジェクトサイト