産業用冷蔵庫における省エネ冷却システムの導入

代表事業者
兼松株式会社
共同事業者:Better Foods Co., Ltd.
パートナー国
タイ
年 度
2016年
区 分
設備補助
分 野
省エネルギー

GHG排出削減プロジェクトの概要

食品産業はタイの主要産業分野であり、 Better Foods社は、新たに建設する産業用冷蔵倉庫に、自然冷媒を使用したNH3/CO2冷却システムを採用する計画である。本冷却システムは、アンモニア冷媒を使ってCO2冷媒を冷却し、そのCO2を庫内のクーラーに搬送する「間接冷却方式」を採用している。このことにより、アンモニア冷媒をパッケージ内に閉じ込め、冷凍・冷蔵倉庫側の庫内にあるクーラーには冷却されたCO2冷媒のみが循環し、安全性を確保している。さらに、従来のフロン冷却システムと比較して、約20%もの省エネルギーを発揮するシステムである。

想定GHG排出削減量

295 tCO2/年

排出削減量 = リファレンス排出量 (RE) – プロジェクト排出量 (PE)

RE:プロジェクトシステムの電力消費量に、リファレンス/プロジェクトシステムのCOP比及びグリッド排出係数を掛ける。なお、リファレンス設備は以下を想定する。

・-25℃冷却システム: NH3液ポンプシステム

・0 ℃・5℃冷却システム: NH3ブライン方式

PE: プロジェクトシステムの電力消費量にグリッド排出係数を掛ける

プロジェクトサイト