メタンガス回収・4.8MW発電設備の導入

代表事業者
株式会社エヌ・ティ・ティ・データ経営研究所
共同事業者:MGM Metano Mexicano
S. de R.L. de C. V.
Energreen Holdings
S.A.P.I. de C.V.
パートナー国
メキシコ
年 度
2016年
区 分
設備補助
分 野
廃棄物・バイオマス

GHG排出削減プロジェクトの概要

メキシコ国内の廃棄物処分場3サイトにおいて発生するメタンガスを回収し、回収したガスを用いてガスエンジン発電を行う事業である。 導入する設備は、ガス回収井戸、パイプライン、フィルター、ガスエンジン発電機、変圧器などで構成される。回収されたメタンガスは、パイプラインで運ばれ、フィルターで通してガスエンジン発電機に送られる。 生成された電気は、地域の自治体に売電する。 電力代替によるCO2排出削減に加え、処分場からのメタン発生を回避することによりGHG排出削減を行う。

想定GHG排出削減量

244,629 tCO2/年

=売電によるCO2排出削減量 

   +処分場からのメタン発生回避量

売電によるCO2排出削減量

=17,180[tCO2/年]

≒   年間売電量 37,843[MWh/年]

   ×  グリッド排出係数0.454 [tCO2/MWh]

処分場からのメタン発生回避量

=227,449 [tCO2e/年]

プロジェクトサイト