食品香料工場への0.5MW太陽光発電システムの導入

代表事業者
ネクストエナジー・アンド・リソース株式会社
共同事業者:PT. Indesso Aroma
パートナー国
インドネシア
年 度
2016年
区 分
設備補助
分 野
エネルギー生産

GHG排出削減プロジェクトの概要

Indesso Aroma社社が、ボゴール(ジャカルタ郊外)に有する主力の食品香料工場の屋根に太陽光発電設備を導入する。

発電する電力は、同工場内での自家消費に供することにより、PLNからの購入電力削減し、石炭由来の電力の代替とすることを目的とする。

本事業においては、太陽光モジュール(NER660M290):2,016枚、パワーコンディショナー(SP320-250T-N):2台、接続箱):7台、遠隔監視システム:1式を導入する。

想定GHG排出削減量

400 tCO2/年

→太陽光発電システムによる発電量(MWh/年)

×グリッドのCO2排出係数(tCO2/MWh) 

=年間の想定排出削減量 (tCO2/年)

 

プロジェクトサイト