食品香料工場への0.5MW太陽光発電システムの導入

代表事業者
ネクストエナジー・アンド・リソース株式会社
共同事業者:PT. Indesso Aroma
パートナー国
インドネシア
年 度
2016年
区 分
設備補助
分 野
再生可能エネルギー
未登録
設備導入中

GHG排出削減プロジェクトの概要

Indesso Aroma社社が、ボゴール(ジャカルタ郊外)に有する主力の食品香料工場の屋根に太陽光発電設備を導入する。

発電する電力は、同工場内での自家消費に供することにより、PLNからの購入電力削減し、石炭由来の電力の代替とすることを目的とする。

本事業においては、太陽光モジュール(NER660M300):1,952枚、パワーコンディショナー(SP320-250T-N):2台、接続箱 :7台、遠隔監視システム(Solajit NEEB002):1式を導入する。

想定GHG排出削減量

400 tCO2/年

→太陽光発電システムによる発電量(MWh/年)

×グリッドのCO2排出係数(tCO2/MWh) 

=年間の想定排出削減量 (tCO2/年)

 

プロジェクトサイト

JCM方法論

Methodology No. Title Methodology Proponent
ID_AM013 Installation of Solar PV System Institute for Global Environmental Strategies

関連写真

  • Gallery

  • Gallery

  • Gallery

  • Gallery

  • Gallery

  • Gallery

  • Gallery

  • Gallery

  • Gallery

進行状況

関連文書

・インドネシアにおけるJCMの実施に関するセミナー(2018年)

 Introduction of 0.5MW Solar Power System to Aroma and Food Ingredients Factory – NTTネクストエナジー&リソース(株) 梅谷 晴彦

外部リンク

インドネシア最大級の太陽光発電システム導入を支援 - ネクストエナジー・アンド・リソース株式会社 2018年05月25日 インフォメーション

Indesso Started Operating the New Solar PV System  – PT. Indesso Aroma. News on March 9, 2018