大学への1MW屋根置き太陽光発電システムの導入

代表事業者
早稲田環境研究所
共同事業者:チリ・カトリカ大学
パートナー国
チリ
年 度
2016年
区 分
設備補助
分 野
エネルギー生産

GHG排出削減プロジェクトの概要

 チリのサンチャゴ市にあるカトリカ大学に屋根置きソーラーシステム992kWを導入し、CO2の排出削減を目的とする。

 使用する太陽光発電パネルは、Panasonic株式会社製の太陽光発電パネルを使用する。パネル一枚あたりの出力は325W、公称変換効率は19.7%と業界トップクラスの性能である。

 太陽光発電パネルを大学の屋根へ設置後、発電した電力は本大学が全て買取、自家消費を行う。

 チリ、サンチャゴ市では「ネットメータリングシステム」が採用されているため、一時的に余剰電力が生じても自家消費として測定することが可能となる。

 

 

想定GHG排出削減量

841tCO2/年

排出削減量 ERp = REp – PEp  ※PEp =0                            

       = REp

REp  = リファレンス排出量      

   = 年間推定有効発電量 × グリッド排出係数

   =1,368,318kWh/年×0.000614ton-CO2/kWh

  =841t

PEp  = プロジェクト排出量=0

プロジェクトサイト