大学への1MW屋根置き太陽光発電システムの導入

代表事業者
早稲田環境研究所
共同事業者:MGM Innova Capital Chile SpA
株式会社エヌ・ティ・ティ・データ経営研究所
パートナー国
チリ
年 度
2016年
区 分
設備補助
分 野
エネルギー生産

GHG排出削減プロジェクトの概要

 チリのフェデリコサンタマリア工科大学の4キャンパス(San Joaquin, Valparaiso, Vina del Mar, Vitacura)に屋根置きソーラーシステム合計992kWを導入し、CO2の排出削減を目的とする。
 使用する太陽光発電パネルは、Panasonic株式会社製の太陽光発電パネルを使用する。パネル一枚あたりの出力は325W、公称変換効率は19.7%と業界トップクラスの性能である。
 太陽光発電パネルを大学の屋根へ設置後、発電した電力は本大学が自家消費を行い、余剰電力に関してはPMGD(Small Distributed Generation Meansを意味するスペイン語)制度を活用し、共同事業者のMGMイノヴァキャピタルチリが系統電力へ売電する。

 

想定GHG排出削減量

1000tCO2/年

排出削減量 ERp = REp – PEp  ※PEp =0

                            = REp

REp  = リファレンス排出量

         = 年間推定有効発電量 × グリッド排出係数
    =1,628,854kWh/年×0.000614ton-CO2/kWh
    =1,000t

PEp  = プロジェクト排出量=0

PEp  = プロジェクト排出量=0

プロジェクトサイト

フェデリコサンタマリア工科大学の4キャンパス(San Joaquin, Valparaiso, Vina del Mar, Vitacura)