エーヤワディー地域の精米所における籾殻発電

調査実施団体
株式会社フジタ

GHG排出削減プロジェクトの概要

ミャンマーの米の大産地であるエーヤワディー地域の精米所において、籾殻を原料としたバイオマス発電事業(約1.6 MW規模を想定)を検討。
エーヤワディー地域における課題である「精米所での籾殻の有効利用」と「電力の安定供給」の解決に貢献。
 事業モデルを構築し、エーヤワディー地域及び周辺地域において、籾殻発電事業の展開を目指す。

想定GHG排出削減量

2,534 tCO2/年
リファレンス排出量: 2,534 tCO2/年 •プロジェクトによる供給電力量(11,520 MWh/年)
発電容量1.6 MW(net)、300日稼働として算定。
•ミャンマーにおけるグリッドの排出係数(0.22 tCO2/MWh、試算値)
ミャンマーの電源別燃料消費データ(2009~2012年)を基に試算。

プロジェクトサイト