首都近郊農場での2.1MW太陽光発電による電力供給プロジェクト

プロジェクト実施者
ファームドゥ株式会社
共同事業者:Everyday Farm LLC、Bridge LLC
パートナー国
モンゴル
年 度
2015年
区 分
設備補助
分 野
エネルギー生産
登録済み
稼働済み

GHG排出削減プロジェクトの概要

ウランバートル市近郊の農場において、2.1MWの太陽光発電施設を建設し、火力発電の一部を代替することでCO2 排出量を削減するとともに、電力の安定供給や冬季の大気汚染の軽減にも貢献する。

また、農業と発電事業の組合せによる新たな複合モデルとしての普及を目指し、急速な経済成長の過程にあるモンゴル国の環境、エネルギー、食糧等に関わる生活関連の多くの問題を解決できるシステムとして実践していく。

想定GHG排出削減量

2,682 tCO2/年

=プロジェクトによりグリッドに供給される電力量(EG)×プロジェクトにより代替されるグリッド電力の排出係数(EF)
=導入システムの発電容量[kW]×年間稼働率[%]×24時間×365日×EF
グリッド排出係数=1.1298tCO2/MWh

プロジェクトサイト

JCM方法論

Methodology No. Title Methodology Proponent
MN_AM003 Installation of Solar PV System Institute for Global Environmental Strategies

 

関連写真

  • Gallery

  • Gallery

進行状況

JCM Project Registration

Reference No. Project Title Registration Date
MN003 Installation of 2.1MW Solar Power Plant for Power Supply In Ulaanbaatar Suburb 26 May 2017

Issuance of credits

  Reference No. Monitoring Period Date of Issuance Amounts of Credits Issued
       

 

関連文書

・地球温暖化対策シンポジウム2017

 モンゴル国 首都近郊農場での 2.1MW/8.3MW太陽光発電による電力供給プロジェクト (平成27年度, 28年度案件) – ファームドゥ株式会社

 

外部リンク

Everyday Farm 太陽光 × JCM - ファームドゥグループ ウェブサイト

日本の優れた農業 × 再エネ技術を世界へ - ファームドゥグループ ウェブサイト

モンゴルにおいて二国間クレジット制度(JCM)のプロジェクトが2件登録されました - 環境省 平成29年5月29日 報道発表