学校への小規模太陽光発電システム導入プロジェクト

プロジェクト実施者
パシフィックコンサルタンツ株式会社
共同事業者:株式会社InterAct、Palau Adventist Schools
パートナー国
パラオ
年 度
2014年
区 分
設備補助
分 野
エネルギー生産

GHG排出削減プロジェクトの概要

系統連系太陽光発電システムを学校に設置する。高品質の日本企業製太陽電池モジュールを体育館屋根に設置し、現地で使用実績が比較的多く、維持管理が容易な小規模システムに適した汎用インバータを使用し、発電した電力を自家消費する。休校日などに余剰電力が生じた場合は、ネットメータリング制度を活用して系統に電力を供給する。データ記録装置とモニターも設置し、発電状況を記録·監視する。プロジェクトサイトは、コロール州の小学校とアイライ州の高校である。小学校には50kW、高校には100 kWの太陽光発電システムを設置する。

想定GHG排出削減量

108 tCO2/年

プロジェクトサイト

進行状況

稼働済み

2016/07/12 プロジェクト登録 PW002 (方法論 PW_AM001

PalauMissionAcademySolarMovie_20170908 from GEC_JCM_Info on Vimeo.