ビール工場における総合的エネルギー消費削減

調査実施団体
株式会社レノバ
パートナー国
ベトナム
年 度
2013年
区 分
PS(案件組成事業)
分 野
省エネルギー

GHG排出削減プロジェクトの概要

本プロジェクトは、加熱・冷却工程が連続し、極めて多くのエネルギーを消費するビール製造工場の各製造プロセスにおいて、省エネ・再エネ機器システムを導入し、燃料及び電力を削減することによって、大幅なGHG削減(年間約5,500tCO2)を達成する。プロジェクト対象の工場は、HABECO社のMelinh工場である。
主要な技術 エネルギー解析シミュレーター
総合的エネルギー消費削減ソリューション(省エネ・再エネ機器システム)
プラント性能向上メンテナンス

想定GHG排出削減量

5,500 tCO2/年(Melinh工場)

プロジェクトサイト

JCM方法論

GHG排出削減量は原単位法を用いて評価する。 プロジェクト実施時の「エネルギー消費量」と「製品の製造量」さえ把握することで、GHG排出削減量を算出する。
GHG排出削減量算定式
ER,y = (AEMRR,y – AEMPJ,y) x POy
ERy
排出削減量(t-CO2/年)
 
AEMRR,y リファレンスシナリオのGHG排出原単位(t-CO2 /HL)←デフォルト値として設定する
AEMPJ,y
プロジェクトシナリオのGHG排出原単位(t-CO2 /HL)
 
POy
年間ビール製造量(HL/年)