インドネシアにおけるコールドチェーンへの高効率冷却装置導入プロジェクト

プロジェクト実施者
株式会社前川製作所
共同事業者:PT. Adib Global Food Supplies、PT. Mayekawa Indonesia
パートナー国
インドネシア
年 度
2013年
区 分
設備補助
分 野
省エネルギー

GHG排出削減プロジェクトの概要

今後の経済成長に伴い、食品の冷凍・冷蔵の需要増が見込まれるインドネシアにおいて、自然冷媒(アンモニア(NH3)及び二酸化炭素(CO2))を利用した高効率の冷却装置を、冷凍・冷蔵倉庫のコールドチェーンに導入する。冷却装置は、新歯型を採用した二段式スクリュー冷凍機を用いるとともに、高効率IPMモーター(永久磁石内蔵型同期モーター)と一体化することで、冷却設備の高効率化を実現している。この高効率冷却装置の導入により、冷凍・冷蔵倉庫での省エネを達成するとともに、エネルギー消費に起因するGHG排出を削減する。

想定GHG排出削減量

165tCO2/年

  • 高効率冷却装置により、30%の省エネ(電力消費量の削減)が達成されると仮定。
  • ・プロジェクト電力消費量:673MWh/年
    ・リファレンス電力消費量:961MWh/年
    ・電力のCO2排出係数:0.741tCO2/MWh

※なお、リファレンス機器(冷媒にHFCを利用と想定)からの冷媒漏えい(漏えい率10%と仮定)を、プロジェクトにより回避できる分を考慮する場合、902tCO2/年と推計される。

プロジェクトサイト

PT. Adib Global Food Suppliesの食品工場の冷凍倉庫・急速冷凍施設
(ジャカルタ近郊)

JCM方法論

ID_AM003 Installation of Energy-efficient Refrigerators Using Natural Refrigerant at Food Industry Cold Storage and Frozen Food Processing Plant

関連写真

  • Gallery

  • Gallery

進行状況

稼働済み

2015/03/29 プロジェクト登録 ID002ID003