バイナリー地熱発電

調査実施団体
日本工営株式会社

GHG排出削減プロジェクトの概要

200kW規模のバイナリー地熱発電所を建設し、タチレイ市に電力供給する。現在、プロジェクトサイト周辺地域の電力はタイからの輸入で賄われているが、本プロジェクトは当該地域における再生可能エネルギー発電のパイオニアとなり、GHGの排出削減に貢献できる。

本プロジェクトの成功により、同種プロジェクトの普及により更なるGHG削減に寄与することが見込まれる。

想定GHG排出削減量

1,147tCO2/年
発電量:1401.6 MWh
発電能力:200 kW
稼働率:80%

プロジェクトサイト

東シャン州タチレイ市

JCM方法論

リファレンス排出量(RE)(tCO2/年)= EF×EGPJ
 EF:グリッド排出係数(tCO2/MWh)
EGPJ:発電量(MWh/年)

プロジェクト排出量(PE)(tCO2/年)=(Ws,CO2 +Ws,CH4 ×GWPCH4)× Ms
 Ws,CO2:発生蒸気中に含まれるCO2濃度(tCO2/蒸気t)
Ws,CH4:発生蒸気中に含まれるCH4濃度(tCH4/蒸気t)
GWPCH4:CH4の温暖化係数(tCO2e/tCH4)
Ms:発生蒸気量(蒸気t/年)

排出削減量(ER)(tCO2/年)= RE-PE