高効率エアコン普及プログラム

調査実施団体
株式会社清水建設
パートナー国
タイ
年 度
2013年
区 分
DS(方法論実証調査)
分 野
省エネルギー

GHG排出削減プロジェクトの概要

インバーターを搭載した高効率エアコン(空冷ヒートポンプパッケージエアコン)を導入することで、空調に要する電力消費を削減し、グリッド電力を生成する段階での化石燃料の燃焼から生じるCO2の排出を削減する。 この高効率エアコンの普及を図る。

想定GHG排出削減量

  • 133,000tCO2/年(初年度)
  • 266,000tCO2/年(2年目)

→以降、毎年13.3万tCO2/年の排出削減量が累積的に達成される見込みである。

プロジェクトサイト

タイ・バンコクにおいて実証調査を行う。なお、インドネシア・ジャカルタ、及びベトナム・ホーチミンは、エアコン普及プロジェクトを実施する都市として想定する。

JCM方法論

「デグリデー理論」に基づき、下記入力データを利用したシミュレーション結果により、リファレンス排出量及びプロジェクト排出量を定量化する。

  • インバータエアコンの販売台数
  • インバータエアコン及びノン・インバータエアコンの性能
  • エアコンの実際の使用方法(事前のアンケート調査により明らかにする)
  • 気象データ(外気温等)

これに加えて、標準的な建築物の冷房負荷特性を明らかにする必要がある。上記の考え方によるJCM方法論について、本実証調査における実測結果を以て確認する。