西スマトラ州西パサマン県6MW小水力発電プロジェクト

代表事業者
株式会社新日本コンサルタント
共同事業者:ニックスニューエネルギー株式会社, PT. OPTIMA TIRTA ENERGY
パートナー国
インドネシア
採択年度
2020年
区 分
設備補助
分 野
再生可能エネルギー
未登録
設備導入中

GHG排出削減プロジェクトの概要

西スマトラ州西パサマン県バタン・トンガル川にて、流れ込み式の小水力発電所(3MW×2基)を建設し、国有電力会社であるPLNに売電する。これにより、グリッド電力を代替し、温室効果ガス(GHG)排出量を削減する。年間売電量は38.73GWhを計画する。

インドネシア政府の電源計画では、小水力発電を含む再生可能エネルギー比率について、2025年までに23%、2050年までに31%を目指しており、本事業は再生可能エネルギーの導入・拡大に貢献するものとなる。

想定GHG排出削減量

18,319 tCO2/年

= リファレンス CO2 排出量
   -プロジェクトCO2 排出量

 ・リファレンス CO2 排出量
  =プロジェクト発電量 [MWh/年]
       ×排出係数 [tCO2/MWh]
  =38,730 [MWh/年] × 0.473 [tCO2/MWh]

 ・プロジェクトCO2 排出量
  = 0 [tCO2/年]

プロジェクトサイト