イザベラ州コードンにおける60MW太陽光発電プロジェクト

代表事業者
三井物産株式会社
共同事業者:Global Business Power Corporation、Greenergy for Global Inc.
パートナー国
フィリピン
採択年度
2021年
区 分
設備補助
分 野
再生可能エネルギー
未登録
設備導入中

GHG排出削減プロジェクトの概要

イザベラ州コードンに約60MWの発電能力を持つ太陽光発電施設を建設し、発電した電力を配電会社へ売電することにより同国主流電源である化石燃料の電力の一部を再生可能エネルギーに置き換えることで、温室効果ガス(GHG)排出量を削減する。

本事業は、同国が「Renewable Energy Act of 2008」等を通じて取り組む再生可能エネルギーの促進に貢献する。

想定GHG排出削減量

47,596 tCO2/年

=リファレンス CO2 排出量
-プロジェクトCO2 排出量

・ リファレンス CO2 排出量
  = プロジェクト発電量 [MWh/年]
× 排出係数 [t CO2 /MWh]
・ プロジェクト CO2 排出量
  = 0 [t CO2 /年]

プロジェクトサイト