ビエンチャン県及びボリカムサイ県における14MW太陽光発電プロジェクト

代表事業者
加山興業株式会社
共同事業者:NAWADEE GREEN ENERGY Co.,ltd
パートナー国
ラオス
採択年度
2020年
区 分
設備補助
分 野
再生可能エネルギー
未登録
設備導入中

GHG排出削減プロジェクトの概要

太陽光発電システムを設置し、ラオス電力公社(EDL)に供給(売電)する。

サイトは以下3サイト(合計14MW)
– ビエンチャン県にあるNamak村:5MW
– ボリカムサイ県にあるMai-Sanesamlan村:4.5MW
– ボリカムサイ県にあるPhonsy-Phonxay村:4.5MW

本事業を通じて、ラオス国内の電力供給の安定化と、再生可能エネルギー由来の電力によるグリッド電力代替を通じた同国の温室効果ガス(GHG)排出量の削減に貢献する。

想定GHG排出削減量

8,104 tCO2/年

= リファレンス CO2 排出量
   -プロジェクトCO2 排出量

 ・リファレンス CO2 排出量
  =プロジェクト発電量 [MWh/年]
       ×排出係数 [tCO2/MWh]

 ・プロジェクトCO2 排出量
  = 0 [tCO2/年]

プロジェクトサイト