公益財団法人 地球環境センター

GCF・CTCN案件形成

UNFCCCの資金メカニズム及び技術メカニズム:緑の気候基金(GCF)と気候技術センター・ネットワーク(CTCN)の活用

 2015年12月に開催された気候変動枠組条約第21回締約国会議(COP21)にて採択されたパリ協定の目標達成に向けては、国際的な協調により世界全体で温室効果ガスの排出削減を進めていくことが不可欠です。特に、アジア・太平洋地域は世界の排出量の過半を占めており、我が国は、自国の優れた低炭素技術を普及・展開することにより排出削減に貢献することが求められています。近年、国連の下で、途上国における気候変動対策支援を目的とした、緑の気候資金(GCF)や気候技術センター・ネットワーク(CTCN)といった資金・技術の支援メカニズムが設立、活動を開始しており、低炭素技術の普及・促進が求められているところです。

 GECは、二国間クレジット制度(JCM)や低炭素技術イノベーション創出事業等を通じて、我が国の先進的な低炭素技術の開発途上国への導入・普及を支援してきましたが、これらの取組をスケールアップし、また広く普及展開し、開発途上国におけるパラダイムシフトを達成するため、GCFやCTCNの活用のための案件形成支援等も実施しています。