カンダール州におけるバイオマス・太陽光ハイブリッド発電プロジェクト

代表事業者
WWB株式会社
共同事業者:AURA-Green Energy株式会社、J-REC CO., LTD.、Angkor Bio Cogen Co., Ltd.
パートナー国
カンボジア
採択年度
2019年
区 分
設備補助
分 野
再生可能エネルギー
未登録
設備導入中

GHG排出削減プロジェクトの概要

カンダール州の精米所敷地内に、籾殻を燃料とするバイオマス発電施設(0.5MW)及び太陽光発電施設(1.0MW)を導入し精米所に売電することによって、温室効果ガス (GHG) 排出量を削減するとともに、同国の電力不足の解消に貢献する。
本事業は、北九州市及びプノンペン都の都市間連携事業において策定された「プノンペン都気候変動戦略行動計画」の施策を具体化したものである。

想定GHG排出削減量

1,881 tCO2/年

バイオマス発電:1,316 tCO2/年
= リファレンス CO2 排出量 [tCO2/年]
 - プロジェクト排出量 [tCO2/年]

太陽光発電:565 tCO2/年
= (プロジェクト発電量 [MWh/年]
 - 0 [MWh/年] ) × 排出係数 [tCO2/MWh]

プロジェクトサイト

外部リンク

ニュースリリース:WWB株式会社 二国間クレジット制度資金支援事業のうち設備補助事業における当社案件採択のお知らせ (2020年2月5日)