サンティアゴ首都州近郊における4.6MW太陽光発電システムの導入

代表事業者
シャープ株式会社
共同事業者:Cintac S.A.I.C
パートナー国
チリ
年 度
2017年
区 分
設備補助
分 野
再生可能エネルギー

GHG排出削減プロジェクトの概要

 本事業は、チリ共和国・サンティアゴ首都州において太陽光発電システムの開発・設計・施工・売電事業まで手掛けるCintac S.A.I.Cが、太陽光発電システムの売電事業を行うものである。

 本事業により、1)太陽光発電システムによる電力の購入を希望する需要家への電力供給および余剰電力の配電網への供給、2)チリ共和国の掲げる2050年までに発電電力量の70%を再生可能エネルギー由来とする政策への貢献、を達成する。

想定GHG排出削減量

2,658 t-CO2/

=  リファレンス CO2 排出量[tCO2/年]

   -プロジェクトCO2 排出量[tCO2/年]

= (リファレンス消費電力量[MWh/年]

    - 0 [MWh/年])×排出係数[tCO2/MWh]

プロジェクトサイト