ホスト国:カンボジアJCMプロジェクト設備補助事業

インターナショナルスクールへの超軽量太陽光発電システムの導入

プロジェクト実施者:(日本側)アジアゲートウェイ株式会社 (カンボジア側)International School of Phnom Penh

GHG排出削減プロジェクトの概要

プノンペン特別市南部のサテライトシティ「INGシティ」に位置するインターナショナルスクールの校舎屋根に200kWの超軽量太陽光発電システムを導入し、同スクールで全量自家消費するもので、系統電力量を低減してCO2排出削減する。導入する太陽電池パネルは化学強化特殊ガラスをカバーガラスとして使用することで、大幅な軽量化(従来比50%減量)を実現した。現地の構造物は一般的に強度が低いため、超軽量を特徴とする本技術は、途上国での波及が期待される。

想定GHG排出削減量

190 tCO2/年

JCM設備補助事業実施サイト

pagetop