大型ショッピングモールへのガスコージェネレーションシステムおよび太陽光発電システムの導入

調査実施団体
株式会社野村総合研究所
共同事業者:イオンモール株式会社、大阪ガス株式会社
パートナー国
インドネシア
年 度
2015年
区 分
FS
分 野
省エネルギー

GHG排出削減プロジェクトの概要

本プロジェクトは、インドネシアジャカルタ地域において多店舗の出店計画を持つイオンモールの大型ショッピングモールの一つにおいて、天然ガスコージェネレーションシステム、太陽光発電等のエネルギーシステムの導入を行うことにより、大幅なCO2削減を実現するプロジェクトである。
本調査の結果次第では、イオンモールが今後インドネシアに展開予定の全店舗へ、省エネ型設備が展開され、インドネシアの商業施設全体の省エネ化に貢献をする事が期待される。

想定GHG排出削減量

11,325 t-CO2/年

リファレンス排出量: 34,473 t-CO2/年
グリッドから供給される電力由来のCO2排出量:
34,473 t-CO2/年
プロジェクト排出量: 23,148 tCO2/年
コージェネレーションシステムによる排出量:
23,238 t-CO2/年
太陽光発電システムによる排出削減量: -90 t-CO2/年

プロジェクトサイト

ジャカルタ近郊のブカシ県、デルタマスシティ付近
(現地の用地は同プロジェクトの為に取得済み)

報告書