コージェネレーションシステムによる地域エネルギー事業の構築

調査実施団体
日揮株式会社
パートナー国
インドネシア
年 度
2015年
区 分
FS(実現可能性調査)
分 野
省エネルギー

GHG排出削減プロジェクトの概要

オフィス、ホテル、アパート、コンベンションホールからなる複合開発エリアに都市ガスを燃料としたコージェネレーションシステムを導入し、電熱供給を行う。高効率ガスエンジン(想定発電能力:4.0MW)及び冷凍機を導入し、GHG排出削減に寄与するとともに、安全性、安定性を兼ね備えた地域エネルギー事業のモデルを構築する。

想定GHG排出削減量

18,762 tCO2/年

  • リファレンス排出量: 53,291 tCO2/年
    グリッド電力利用に伴う排出量: 53,291 tCO2/年
  • プロジェクト排出量: 34,529 tCO2/年
    ガス消費に伴う排出量: 14,955 tCO2/年
    グリッド電力利用に伴う排出量:  19,573 tCO2/年

プロジェクトサイト

ジャカルタ特別州

報告書