サンティアゴ南部における地熱発電

調査実施団体
有限責任監査法人トーマツ
パートナー国
チリ
年 度
2015年
区 分
FS
分 野
再生可能エネルギー

GHG排出削減プロジェクトの概要

現在チリではエネルギー需要の75%以上を輸入に頼る上、電力需要は近年急激に増加しているため、国産エネルギーによる発電容量増強に対するニーズが非常に大きい。
 本プロジェクトは、同国に比較的豊富に存在する地熱資源を発電に活用することで、上記ニーズの充足及びCO2削減を目指すものである。
 加えて、本プロジェクトを契機に、南米諸国に対する地熱発電技術の普及拡大も期待される。

想定GHG排出削減量

104,800 tCO2/年
リファレンス排出量:109,900 tCO2/年
プロジェクトによりグリッドに供給される電力量(183GWh/年)x プロジェクトにより代替されるグリッドの排出係数(0.6009tCO2/MWh)
プロジェクト排出量:5,100 tCO2/年

プロジェクトサイト

チリ共和国 サンティアゴ南部

報告書