パートナー国:インドネシアJCMプロジェクト設備補助事業

大型商業施設における太陽光発電システム・蓄電池導入プロジェクト

プロジェクト実施者:(日本側)伊藤忠商事株式会社、(インドネシア側)PT. Aeon Mall Indonesia

GHG排出削減プロジェクトの概要

 経済成長と共に電力需要が増大しているインドネシアにおいて、大型商業施設の屋根に太陽光発電と蓄電池を導入する。太陽光発電電力は照明設備へ供給する。昼間の余剰電力は蓄電池に充電し、夜間に使用する。蓄電池を導入し余剰電力を有効活用することにより、電力会社からの購入電力を減らし、CO2排出削減を達成する。

想定GHG削減量

549 tCO2/年

 

=(太陽光システム発電量+(蓄電システム放電量-蓄電システム充電量))×排出量係数

 

pagetop