10MW級バイオマス利用発電によるグリッド電力代替

調査実施団体
株式会社大林組
共同事業者:株式会社 エックス都市研究所
パートナー国
スリランカ
年 度
2014年
区 分
FS
分 野
廃棄物・バイオマス

GHG排出削減プロジェクトの概要

「2020年までに再生可能エネルギー利用発電による発電量を総発電量の20%まで向上させること」を国家目標に掲げるスリランカ国にて、同国の再生可能エネルギーの中でも高いポテンシャルを有する持続可能な早生木質バイオマスを主たる燃料として利用する発電施設を建設し、発電電力を国家送電網に給電することでグリッド電力の代替を行う。

想定GHG排出削減量

40,052tCO2/年
リファレンス排出量: 49,701tCO2/年
プロジェクトによりグリッドに供給された電力量(70,080MWh/年)x プロジェクトにより代替されるグリッドの排出係数(0.7092tCO2/MWh)
プロジェクト排出量: 9,649tCO2/年
バイオマス燃料調達量(134,569t/y) バイオマス1トン当たりの栽培・輸送・前処理に伴う排出量 (0.0717 tCO2/t

プロジェクトサイト

スリランカ国・東部州・アンパラ県

報告書

調査成果としてのJCM方法論(案)