高効率冷凍機システムの導入による省エネルギー

調査実施団体
日本工営株式会社  荏原冷熱システム株式会社
パートナー国
インドネシア
年 度
2013年
区 分
PS(案件組成事業)
分 野
省エネルギー

GHG排出削減プロジェクトの概要

製品品質確保のために湿度管理が必要となる繊維工場において、工場内空調に供されている既存冷凍機を、成績係数(COP)が高く、省エネルギーを実現できる高効率冷凍機に更新することで、消費電力量を抑制し、GHG削減を達成する。

想定GHG排出削減量

657 tCO2/年/台

プロジェクトサイト

繊維工場PT Kumatex
(バンテン州タンゲランに所在)

JCM方法論

リファレンスシナリオ:
市場占有率の高い冷凍機(米国製等)に更新する。
→排出削減量は、リファレンス排出量とプロジェクト排出量の差で算出される。

リファレンス排出量の算定:
RE = EF x ELPJ x(ℇBL/ℇPJ)
   RE:リファレンス排出量(tCO2)
   ELPJ:プロジェクトの電力消費量(MWh)
   ℇBL:既存冷凍機の成績係数(COP)
   ℇPJ:新たに導入する冷凍機のCOP

プロジェクト排出量の算定:
PE = EF x ELPJ
  PE:プロジェクト排出量(tCO2)