民生部門向け省エネガラスの導入

調査実施団体
旭硝子株式会社
パートナー国
ベトナム
年 度
2013年
区 分
FS(実現可能性調査)
分 野
省エネルギー

GHG排出削減プロジェクトの概要

著しい経済成長を示すベトナムにおいて、今後ビル等の建設増加が見込まれるところに、建築物の窓等への省エネガラス(複層ガラスの間に特殊な金属膜をコーティングしたガラス)の導入を促進し、省エネルギーを達成する。

想定GHG排出削減量

1,500,000tCO2/年

←30万戸の集合住宅に省エネガラスを導入した場合

プロジェクトサイト

ベトナム国内の建築物

JCM方法論

GHG排出削減量の計算手法

ERy = REy – PEy = (μ x α x EFelectricity) – 0

ERy 排出削減量(tCO2/年)
REy リファレンス排出量(tCO2/年)
PEy
プロジェクト排出量(tCO2/年)(0と想定)
 
μ 省エネガラスの面積(m2)
α
省エネガラス面積当たりのエネルギー削減量(kWh/m2) →デフォルト値として設定する
 
EFelectricity 電力グリッドのCO2排出係数(tCO2/MWh)

当該方法論の開発において、シミュレーションを利用して、「省エネガラス面積当たりのエネルギー削減量」のデフォルト値を設定する。