石炭火力発電所における保温施工及び復水器洗浄の効率改善

調査実施団体
関電プラント株式会社
パートナー国
モンゴル
年 度
2013年
区 分
FS(実現可能性調査)
分 野
省エネルギー

GHG排出削減プロジェクトの概要

モンゴルの石炭火力発電所(熱電併給施設)において、以下の2技術によりエネルギー効率を改善し、GHG排出量を削減する。
1.「エコエイム工法」を利用した配管等の保温効果の改善
→熱供給のための燃料消費量が削減される
2.「らくちんガン装置」を利用した復水器等の熱交換器の維持管理(洗浄)手法の改善
→洗浄用水使用量が削減され、そのためのポンプ消費電力量が削減される

想定GHG排出削減量

3,000tCO2/年(第3・4火力発電所での実施の合計削減量)

←CHP-3:950tCO2/年
←エコエイムで935tCO2/年
←らくちんガンで15tCO2/年

←CHP-4:2,050tCO2/年
←エコエイムで2,035tCO2/年
←らくちんガンで15tCO2/年

プロジェクトサイト

ウランバートル市郊外に所在する、
第3火力発電所(CHP-3)、及び 第4火力発電所(CHP-4)

JCM方法論

1)「エコエイム工法」
←排出削減量=(プロジェクト実施前の単位面積当たりの放散熱量-プロジェクト実施後の単位面積当たりの放散熱量)×施工対象表面積÷プロジェクト実施後のボイラ効率〔デフォルト値〕×ボイラの使用石炭のCO2排出係数〔デフォルト値〕×(1-BaUからの割引率)

2)「らくちんガン装置」
←排出削減量=(復水器洗浄の水使用量節約によるポンプの電力消費削減量+水使用量節約による排水処理の電力消費削減量+プロジェクト洗浄法による真空度改善効果に伴う回復電力量-従来洗浄法による真空度改善効果に伴う回復電力量)×当該発電所の送電端電力量当たりのCO2排出係数×(1-BaUからの割引率)