ホスト国:コスタリカ JCM実現可能性調査(FS)

タクシー用途での電気自動車利用促進

調査実施団体:日産自動車株式会社

GHG排出削減プロジェクトの概要

2021年にカーボンニュートラル化達成を目指すコスタリカに於いて、国内エネルギー消費の51%を占め、重点取組み課題として位置付けられる運輸セクターでのGHG排出削減の方策として、電気自動車(100台規模を想定)と必要な充電インフラを導入する事でタクシー車輛の順次置換を図り、CO2排出量を大幅に削減する。

想定GHG削減量

580 tCO2/年

  • リファレンス排出量: 580tCO2/年 100台での試算結果 年間走行距離:8.1万km (コスタリカのタクシー年間走行距離)
  • プロジェクト排出量: 0tCO2/年 →日本の日産LEAFを使った国内クレジットベースに試算

pagetop