高効率型熱供給ボイラの導入による熱供給システムの集約化

調査実施団体
株式会社数理計画
パートナー国
モンゴル
年 度
2013年
区 分
DS(方法論実証調査)
分 野
省エネルギー

GHG排出削減プロジェクトの概要

  1. コミュニティで個別に使われている低効率の熱供給ボイラ(HOB)の使用を止め、複数の高効率の熱供給HOBを集約的に導入し、暖房用温水を複数施設に供給する。
  2. 公共施設(学校等)に高効率熱供給HOBを導入し、既存の低効率熱供給HOBを置換する。

プロジェクトの実施により、ボイラ効率が改善し、石炭消費量が削減することで、CO2及び大気汚染物質の排出が削減される。 また、ボイラ運転最適化の技術指導を行い、オペレーション技術を移転する。

想定GHG排出削減量

Bornuur村:750tCO2/年

←(1/0.50 – 1/0.67)x 15,200 x 0.099 – 2.3 x 5,088 x 1.1501/1000 熱供給量:15,200(GJ/年)

  • 年間運転時間:5,088(時間/年)
  • 石炭CO2排出係数(EF):0.099(tCO2/GJ)
  • 電力グリッドCO2 EF:1.1501(tCO2/MWh)
  • プロジェクトHOBの最大消費電力:2.3(kW)
  • プロジェクトHOBのボイラ効率:67%
  • リファレンスHOBのボイラ効率:50%

プロジェクトサイト

1)Bornuur村 2)118学校(ウランバートル市内)

JCM方法論

ボイラ効率と燃料(石炭)のCO2排出係数(EF)をデフォルト化し、建物への熱供給量をモニタリングする。

  • ボイラ効率及び石炭CO2 EFは、実測調査結果に基づいて設定する。
  • 熱供給量のモニタリングには、ホスト国の工業規格を満たしたヒートメーターを用いる。

GHG排出削減量 = (1/リファレンスボイラのボイラ効率 - 1/プロジェクトボイラのボイラ効率) × 建物への熱供給量 × 石炭CO2 EF- プロジェクトでの電力消費に伴うCO2排出量(プロジェクトHOBの消費電力量 × グリッドEF)