Home > 低炭素都市開発支援への取り組み > プロジェクト概要 > 路線バスの輸送サービス向上
  • 路線バスの輸送サービス向上 [(株)日建設計総合研究所](2013年度〜2014年度)


    目的

    都心部の慢性的な交通混雑や駐車場不足の現状を踏まえ、自動車やバイクから公共交通への転換を促進してGHG削減を図るプロジェクトである。

    事業概要

    郊外型大型ショッピングセンターと協力して、平日に空きがある駐車場を路線バスへの乗換拠点として活用し、都心部への通勤等に利用する。今年度はモデル商業施設の選定を行い、需要予測や採算性の検討を実施することで2014年度の事業実施を目指す。

    CO2削減量

    1,000台のバイクが路線バスに転換⇒200tCO2/年の削減

    コベネ効果

    商業施設の有効活用と売上も高まり、日本の総合小売事業者の参画を促す。

    発表資料 路線バスの輸送サービス向上 [PDFファイル:898KB]
  • ページトップ