Home > 二国間クレジット制度 (JCM)の活用
  • 二国間クレジット制度(JCM)の活用

    日本として温室効果ガスの世界的な排出削減・吸収に貢献するため、開発途上国の状況に柔軟かつ迅速に対応した技術移転や対策実施の仕組みを構築するべく、二国間クレジット制度(JCM)を世界に向けて提案しています。
    本制度は、途上国への温室効果ガス削減技術・製品・システム・サービス・インフラ等の普及や対策を通じ、実現した温室効果ガスの排出削減・吸収効果の日本の貢献を定量的に評価し、日本の削減目標の達成に活用するものです。

    JCMの基本概念は次のとおりです。

JCMの基本概念

  • 優れた低炭素技術・製品・システム・サービス・インフラの普及や緩和活動の実施を加速し、途上国の持続可能な開発に貢献する。
  • 日本からの温室効果ガス排出削減・吸収への貢献を、測定・報告・検証(MRV)方法論を適用し、定量的に適切に評価し、日本の排出削減目標の達成に活用する。
  • CDMを補完し、地球規模での温室効果ガス排出削減・吸収行動を促進することにより、国連気候変動枠組条約の究極的な目標の達成に貢献する。
  • (出典:二国間クレジット制度(Joint Crediting Mechanism(JCM))の最新動向
  • ページトップ